~女性が輝くための美容・健康・ファッションマガジン~

痩せたい!でも甘いものがやめられないときのお役立ちスイーツ3選!

投稿日:2016-10-31 更新日:

shutterstock_370709165

ダイエットに甘いものは禁物!分かっていてもついつい口に運んでしまうのが、魅力的なスイーツたちですね。

そこで今回は、ダイエット中でも罪悪感なく食べることができるローカロリーのスイーツをご紹介します。

甘いものを完全に我慢しなくても、カロリーは抑えられますよ!

手作りコーヒーゼリーで満足・満腹に

shutterstock_171737897

まずは、超簡単なノンカロリーの手作りコーヒーゼリーをおすすめします。

用意するものは「無糖のアイスコーヒー」「ゼラチン」のみ。

コーヒーはコンビニやスーパーで買える、ペットボトルや紙パックのアイスコーヒーで十分です。

そしてゼラチンも、スティックになったタイプならすぐに使うことができます。

作り方は簡単。溶いたゼラチンをコーヒーに混ぜて、カップに入れます。

ガラスコップだと見た目が可愛くなりますし、紙コップなどは食べて捨てることができるので便利です。

あとは冷蔵庫で冷やすだけ!数時間でノンカロリーのコーヒーゼリーが完成です。

しかしそれだけでは甘みがゼロなので、ダイエット具合に合わせてハチミツやガムシロップをかけて食べましょう。

きな粉も意外とマッチしますし、栄養バランスも整います。

またゼラチンは満腹感もあるため、ちょっとでも「食べた感」がありますよ!

たまた最近はやりの裏技もご紹介します!それはコーヒーやジュースの紙パックの上を開けて、そのままそこにゼラチンを投入するというやり方です。そしてパックのまま冷蔵庫に戻せば、場所も取りませんよね。仕上がったゼリーはスプーンで食べる分だけ取り出せます。

このテクニックを使えば、市販の500ml紙パックジュースを何でもゼリーにして持ち歩くことができます。ダイエット中の置き換えにもなりそうですよね!

干し芋でデトックス&便秘解消

shutterstock_226385824

スーパーで気軽に買えるものなら「干し芋」がおすすめです。

原材料は「さつまいも」のみですので余計な人工的カロリーはありません。

そして、消化がゆっくり進むのでとっても太りにくい炭水化物なのです。

また、さつまいもということは食物繊維がたっぷり含まれていますよね。

これはダイエットの大敵・便秘にもバツグンな効果が期待できます

食物繊維は腸内の筋肉をよく動かしてくれますので、便秘解消だけではなくむくみを取る働きもしてくれますよ。

どうしてもおなかがすいて甘いものが欲しくなったら、干し芋を食べましょう。

天然の甘さでダイエット中のイライラを和らげてくれますし、血糖値の上昇もゆっくりなので満腹感が長続きします。

食べるときにはお水や白湯などの水分を必ずセットで摂りましょう。満腹感がさらに続きますよ!

フローズンヨーグルトならたっぷり食べても大丈夫

shutterstock_161564972

またどうしても冷たいアイスやジュースが欲しくなってしまうのなら、フローズンヨーグルトがおすすめです。

作り方は、ヨーグルトを冷凍庫で凍らせるだけ。買ってきたパックのままでも大丈夫ですし、食べる量をコントロールしたいならタッパーに分けて凍らせましょう。

凍らせる前に、お好みでレーズンやコーンフレークを混ぜておくのもおすすめ。少し甘みが加わり食感が変わるので食べた気がしますよ。

フローズンヨーグルトはあまりカチカチだと食べにくいので、食べる3時間ほど前に作るか、もしくは凍ったものを数時間冷蔵庫に移しておくと良いでしょう。

ちょっとだけ溶けてきたものをスプーンで崩し混ぜると、しゃくしゃくしたシャーベットのようになりますよ。

これはプレーンヨーグルトで作ると当然ノンシュガーです。

自分のダイエット計画に合わせて、混ぜるものやトッピングを工夫してみてくださいね。少しくらいたっぷり食べてしまっても、元がヨーグルトだと思うと安心ですよね。

まとめ

いくら痩せるためと言っても、完全に甘いものを止めるのはつらいことです。

今回ご紹介した3つは体に負担をかけることなく食べることができるので、ナチュラルにキレイにダイエットがしたい女性には特におすすめのメニューです。

心と体にストレスを溜めることなく、スリム美人を目指しましょうね!

-ダイエット, 未分類

Copyright© vivo【ヴィヴォ】 , 2017 AllRights Reserved.