~女性が輝くための美容・健康・ファッションマガジン~

冬の乾燥肌を解消!今すぐできる10の習慣とは?

投稿日:2016-12-20 更新日:

冬は肌の乾燥がひどく、何をやっても改善しないなんて諦めていませんか?

スキンケアはもちろん大切ですが、実は日頃何気なく行っている習慣を変えるだけで、乾燥を和らげることができるんです。

簡単なことばかりなので、意識して過ごしたいですね。

今すぐできる乾燥肌対策10の習慣

%e7%94%bb%e5%83%8f2

1.適度に水をこまめに飲む
夏は暑さもあり、無意識に水を飲む習慣がありますが、冬は意外と水分の摂取が足りていません。

冬こそ意識してこまめに水分補給することが大切です。

特に入浴の前後や就寝前、起床後などは意識して水を摂りましょう。

寒さを感じるときは、白湯がおすすめです。

2.冬でも紫外線対策を
春夏は日焼けやシミを気にして紫外線カットを意識しますが、秋冬は案外忘れがち。

秋冬でも紫外線はもちろんありますし、何もしない状態だと、ダメージで肌のバリア機能を低下させます。

日焼け止め効果のある化粧品やメイクで日頃から肌を守りましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f3
3.湿度を意識する
冬の間は湿度が低く、エアコンをつけるとさらに乾燥が進みます。

加湿器などを上手に利用して、部屋の湿度を60%程度に保ちましょう。

最近ではポータブルサイズのものや簡易型のものもあるので、オフィスでも意識してみましょう。

4.乾く前にお手入れを
乾燥しやすい唇や手先は常に潤いを与えておくことが大切です。

荒れたところにリップクリームやハンドクリームを塗ってもなかなか浸透せず、改善しません。

自宅やオフィスにいくつか潤いグッズを常備し、乾いたなと感じる前に保湿を心がけましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f4
5.クレンジングは素早く行う
メイクをしっかり落とす目的でクレンジングに時間を掛けると、肌の潤いまで奪ってしまいます。

クレンジングは素早く行うことがポイント。しっかり落としてすすぐまでに30秒もあれば十分です。

クレンジング剤を使う前には伸びやすくするために手のひらで温めるなど、肌に乗せる前の準備も大切ですよ。
6.熱いお湯で顔をすすがない
冬場は寒いので、温かいお湯で洗顔したり、お風呂に入ったついでにシャワーでクレンジングを流したりしてしまいがちです。

しかし、お湯で洗顔すると必要な油分も流してしまいます。顔をすすぐときはぬるめの温度(38~40℃程度)にとどめておきましょう。

7.肌をこするのはNG
クレンジングや洗顔の際、肌をこするのはNGです。たっぷりのオイルや泡で優しく包み込むようになでましょう。

指の力を意識的に抜くことも大切です。また、洗顔後に顔を拭くときも要注意。

ふわふわのタオルで肌の水分をポンポンとやさしく押すように拭きましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f5
8.洗顔後のスキンケアは素早く
洗顔後はすぐに化粧水をつける習慣を身につけましょう。特に注意したいのが入浴後。

お風呂上りは体を拭いたり、頭を乾かしたりとついついスキンケアを後回しにしがちです。

お風呂上りはすぐに化粧水をつけ、それから体を拭くようにしたいですね。

9.スキンケアは手で行う
化粧水をつけるときは少しずつ手に取り、肌に押し込むように入れていきます。

肌表面につけるというよりも、肌内部に浸透させるイメージで密着させましょう。

肌にたっぷり水分が入ったと手のひらで感じたら、乳液など次のステップに進みます。

10.時には古い角質を除去する
古い角質が肌に溜まっていると、スキンケアが浸透しにくいと言われています。

週に1回程度はピーリングやパックで古い角質を除去する習慣をつけましょう。

角質を取り除いたあとは、たっぷりの化粧水で肌に潤いを与えることをお忘れなく。

日頃の習慣をちょっと変えるだけ

%e7%94%bb%e5%83%8f6-min

どの対策も簡単なことばかりですが、ついつい日頃の手入れでおざなりになりがちなことばかりです。

日頃から正しい方法を身に着け、乾燥肌になりやすい行動とはサヨナラしたいですね。

季節を問わずに乾燥肌対策のお手入れとして習慣化してみませんか?

-美容・コスメ

Copyright© vivo【ヴィヴォ】 , 2017 AllRights Reserved.