~女性が輝くための美容・健康・ファッションマガジン~

飲み会続きで疲れた胃腸を休めたい!美肌効果もあるお粥の魅力

投稿日:2016-12-26 更新日:

年末年始は何かと食事のおつきあいが多く、思い通りに食べられない日が続いて胃腸が疲れてしまいます。

胃腸の疲れは病気や美容のトラブルの原因にもなりかねません。

そこでおすすめなのがお粥。

病気をしたときだけではなく、普段の生活に取り入れるだけで胃腸の調整をし、美肌にも効果的なんですよ。

お粥の十の功徳

%e7%94%bb%e5%83%8f2

鎌倉時代の禅僧が 『摩訶僧祇律(まかそうぎりつ)』 という仏典から引用した粥有十利 (しゅうゆうじり)という功徳(くどく)があります。功徳とは神仏からよい報いを与えられるような、よい行いや報い、めぐみのことです。

お粥には十の功徳があると言われています。

1.色・・・顔色や肌ツヤを良くする
2.力・・・体力や気力をつける
3.寿・・・長命(寿命を延ばす)
4.楽・・・食べ過ぎず、体が楽になる
5. 詞清辯・・・言葉が清く爽やかになる
6. 宿食除・・・前に食べたものが残らず胸のつかえが治る
7.風除・・・風邪をひかない
8.飢消・・・消化よく空腹を癒す
9. 渇消・・・喉の渇きを癒す
10.大小便調適・・・お腹の調子を整え、便通もよい

修行僧が毎朝お粥を食べるのは、お粥のパワーを活かし、体を整えて修行に励むためです。

お粥の効果とは?

%e7%94%bb%e5%83%8f3

たっぷりの水で炊いたお粥は、食べると体が温まり血行が良くなり代謝がアップします。また、水分が多いため体の中から潤い美肌効果も。

胃腸に負担がかからないので消化もよく、デトックス効果もあります。暴飲暴食が続くときは1日3食のうち1色をお粥にシフトしてみましょう。

お粥の種類

%e7%94%bb%e5%83%8f4

お粥は全粥、七分粥、重湯など水の分量によって固さが変わってきます。

余ったお米で作る「入れ粥」でもよいですが、お米から炊く「炊き粥」の方が味も良くオススメです。

普通のお鍋や炊飯器でも出来ますが、土鍋で作ったお粥は格別ですよ。

  1. 全粥(普通に食べるお粥) 米1に対し水5倍
  2. 七分粥(サラリとした粥)米1に対し水7~8倍
  3. 五分粥 米1に対し水10倍
  4. 三分粥 米1対し水20倍
  5. 重湯 五分粥以上でできる「お粥の汁」

土鍋で炊くおかゆ レシピ・作り方

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1120004472/

残りご飯で作る「おかゆ」の炊き方

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1070022934/

スープジャーで作る基本のお粥

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1310005932/

お粥の簡単アレンジレシピ

%e7%94%bb%e5%83%8f5正月料理で疲れた胃を休める七草粥、新年1月15日に食べて悪鬼を避け、疾病を払う意味のある小豆粥、など昔から年明けには胃腸を休め邪気を払うためにお粥を食べる習慣があります。

そのような習慣を大切にしながら、年末年始はアレンジしてお粥を生活に取り入れたいですね。

白いお粥に梅干し、昆布、つくだ煮などをトッピングしてアレンジするのもおすすめですよ。

簡単なお粥レシピをご紹介しますので、アレンジを楽しみながらお粥生活を取り入れてみましょう。

手間いらず! 簡単煮るだけ“鶏ムネ肉のお粥さん”: http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1780008081/

昔ながらの茶粥:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1480001727/

風邪にも★生姜&ネギの中華粥:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620004483/

胃に優しい♪あんかけお粥:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1060008252/

寒い朝に あつあつミルク粥:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1440002357/

お粥を上手に利用して健康と美肌を維持

%e7%94%bb%e5%83%8f6

クリスマス、忘年会、お節料理に新年会。年末年始はいつもより暴飲暴食気味になってしまいます。飲み会や会食の予定が入っていたら、その日の1食をお粥に置き換えるなど調整すると良いですね。お粥を上手に利用して、体調を崩すことなく忙しい日々を乗り切りましょう。

-フード

Copyright© vivo【ヴィヴォ】 , 2017 AllRights Reserved.