~女性が輝くための美容・健康・ファッションマガジン~

本当にそのファンデで大丈夫!?あなたのお肌に合ったファンデ選び

更新日:

fashion-girl-makeup-paint-large

たくさんのブランドから様々な種類のファンデーションが発売されているコスメ市場。

種類が豊富過ぎてどれを選ぶか悩んでしまう、どんなファンデーションが自分の肌に合ってるのかわからないというまま、毎日のメイクを行っている方は少なくないと思います。

果たして、今お使いのファンデーションが本当にあなたのお肌に合っているのか・・・

ご自分の肌質に合ったファンデーション選びの方法をご紹介します。

肌質の見極めが大事!

pexels-photo-188691-large

冬が辛い乾燥肌、皮脂が増える夏がキツいオイリー肌など、お肌の質は人それぞれです。

ご自分の肌質をしっかりと見極めて、ご自分に合ったファンデーション選びをしないとお肌の悩みが悪化してしまう原因を作ってしまいます。

・乾燥肌のあなたには...油分と水分が豊富に含まれているリキッドファンデーションやクリームファンデーション、ミネラルが配合されているお肌に優しいミネラルファンデーションが適しています。

リキッドファンデーションとクリームファンデーションは、しっかりとお肌に密着してくれるので、隠したい部分のカバー力、長時間メイクによっておこる乾燥防止にも優れており、華やかなしっかりメイクで艶肌を演出します。

スポンジで叩き込むようにファンデーションを伸ばしていくと、厚塗りにならず美しい肌に仕上がります。

ミネラルファンデーションは普段使いに最適です。

ファンデーションブラシを使ってお顔全体に薄くのせることで、お肌に負担をかけず素肌感のあるナチュラルメイクに仕上がります。

日々のシーンに合わせて使い分けると毎日のメイクがより楽しいものになるでしょう。

・オイリー肌のあなたには...油分の少なめなパウダーファンデーションが最適です。

ナチュラルに仕上げたい場合は、ファンデーションブラシでくるくると円を描くようにお顔全体をカバーしていくと、サラッとした自然な肌質を演出できます。

しっかりメイクには、パフに少し水分を含ませてからファンデーションをのせていくと、お肌にピタッと密着しメイク崩れもしにくくなります。

・混合肌のあなたには...混合肌の方はテカりが気になる部分と乾燥が気になる部分が共に混在しています。

この場合には、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの二種類使いが最適です。

テカりの気になるTゾーンや小鼻にはパウダーファンデーションを、乾燥の気になる口元にはリキッドファンデーションを使うことで部分別に適したメイクを施すことができます。

最後の仕上げに、お顔全体にフェイスパウダーを薄くのせると、よりお肌になじみ自然な美肌に仕上がります。

色選びのポイント

makeup-beauty-lipstick-make-up-large

ファンデーションの色選びで失敗しないためには、フェイスラインと首の境目の色合いで判別することです。

一般的に手の甲で試されるシーンは多いと思いますが、日焼けや年齢による肌質の変化などで手の甲の色は日々変化していきます。

ですので、ファンデーションの試し塗りは手の甲ではなく、フェイスラインと首の境目を使って両方の肌色になじむ色を選びましょう。

ファンデーションには、赤みのあるピンク、ピンクオークル、中間色のオークル、ベージュオークル、黄みの強いベージュがあります。

・日本人のお肌に最も多い中間色のあなたには...オークル系が最適です。オークルは、日本人の肌色になじみが良く、健康的な印象を与えます。中間色の肌色の方がベージュ系のファンデーションを使うと、顔色が一気に悪く見えてしまうので注意が必要です。

・色白のあなたには...薄いベージュ系が最適です。色白の方は、ピンク系を選びがちなのですが、ピンクは時間経過とともに白浮きが目立ってしまいます。薄いベージュ系を使うと、時間が経過しても白浮きは目立たず引き締まったお顔の印象を与えます。

・色黒のあなたには...自然になじむベージュオークル系が最適です。オークルが強すぎる色のファンデーションを使うと、時間経過とともにくすみやムラが目立ち、不自然な肌の色になってしまうので注意が必要です。

・赤みのあるあなたには...赤みを抑えるベージュ系が最適です。ベージュ系は部分的な赤みからお顔全体の赤みまで自然にカバーし、透明感のある健康的な印象を与えます。

時短メイク直し術

pexels-photo-large

どんな種類のファンデーションを使っていても、時間が経過すると多少なりとも皮脂浮きが目立ってきたり、メイク崩れを引き起こします。

こんな時に、ファンデーションを重ねて塗り直すとかえって、乾燥や皮脂浮きなどのお肌トラブルを招いてしまいます。

どんな種類のファンデーションにも適しているのが、フェイスパウダーでのメイク直しです。

まず、お顔全体の余分な脂質をオフします。

その後は、気になる部分にのみフェイスパウダーを軽くのせるだけです。

フェイスパウダーを使うことで、お肌にダマができにくく、自然なお肌の印象を演出します。

この簡単な工程だけで、忙しい時間にも時短メイク直しができてしまいます。

最後に・・・

pretty-woman-makeup-mirror-glamour-39250-large

今一度、ご自分の使われているファンデーションの種類を把握し、ご自分のお肌に合ったファンデーションを見直しましょう。

きっとあなたにぴったりのファンデーションが見つかるはずです。

-未分類, 美容・コスメ

Copyright© vivo【ヴィヴォ】 , 2018 All Rights Reserved.